カープガン( ゚д゚)ガレ     ↓の写真はσ(^^)じゃないので


by sakagawa3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

【ヒーロー】ウルトラマンメビウス #48(最終三部作1)「皇帝の降臨」

ヒルカワがミライがメビウスであるという記事を週刊誌に載せてしまった。
久しぶりのトリヤマ補佐官登場だが、海外視察のため不在だったよう。
インペライザーが現れ、地球に近づいてきたため、GUYSに警報が鳴った。
13体おり、世界の主要都市に向かった。
GUYSが出動しようとしたが、皇帝から「メビウスを差し出せ」とメッセージが発せられた。
そんな声にももろともせず、メビウスとGUYSが出動。




あっさりとインペライザーを倒したと思ったら、インペライザーが2体に増えた。
倒すと他の場所からインペライザーが送り込まれるようだ。
一気に形勢逆転のメビウス。
ガンフェニックスのメテオールとメビウスダイナマイトで何とか2体をやっつけたが、インペライザーは再び現れてしまう。
メビウスは時間切れで一旦退いた。
皇帝はインペライザーの力を誇示し、メビウスの提出を求めた。
猶予は3時間。
しかし、ミライの体にはかなり負担がかかったようで、脈拍300、血圧400、体温90度を超えるほどになっていて、人間の体を維持するのも大変になっていた。
そんな状態で国家保安部よりミライの提出を求められたが、トリヤマ補佐官は大切な部下であることを理由に拒否した。
それはGUYSとしての回答かと確認されたが、サコミズ隊長が総監の代弁であるとフォロー。
すると、保安部の長が「お久しぶりです。総監」と。
やはりGUYSの総監は隊長だった。
サコミズ総監は会見を開き、国民にメッセージを流した。
ミライがメビウスであることを認めた。
メビウスに反発する勇気を与えてくれと頼んだ。
メビウスを提出するかどうかで一旦は悩んだ国民だが、メビウスに勇気を与える声が、電話、FAX、掲示板、メールで届いた。
地球としてもメビウスを提出しないと判断した。
というけど、日本しか判断していませんが(^^;
タイムリミットを迎えると、インペライザーは一斉に動き出した。
重病をおしてミライはメビウスになったが、フォローをするためにガンフェニックスストライカーがフォロー。
しかし、空から皇帝が阻止し、墜落。
破壊されてしまう。
メビウスもインペライザーの攻撃で倒れてしまう。

いよいよ後2回ですか。
サコミズ隊長ウルトラマン説が流れてたけど、どうやら違うっぽいかんじがする。
が、どうやってミライの素性を知ってしまったのかは謎。
[PR]
by sakagawa3 | 2007-03-17 18:26 | テレビ