カープガン( ゚д゚)ガレ     ↓の写真はσ(^^)じゃないので


by sakagawa3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【ヒーロー】仮面ライダー電王 6 サギ師の品格

デンライナーではモモタロスとウラタロスがけんかをしていたが、ハナが仲裁。
というか、力でねじ伏せた。
さらにナオミに渡されたフォークが壁に突き刺さった。
ハナ怖えー
しかし、ウラタロスはハナに会えたことが嬉しいと、きざなセリフを吐く。
ウラタロスは過去を話した。
砂の空間で何年もデンライナーに乗りたいと思っていたと。
それなんて銀河鉄道999?




街ではイマジンによりサッカー少年が次々と襲われた。
ハナが契約した少年から事情を聞こうとしたが、知らないとしらを切る。
ハナはデンライナーに連絡を取るが、良太郎とウラタロスは街に出かけてナンパし放題。
ウラタロスの事情に同情したモモタロスやナオミだったが、冷静に考えるとウラタロスの言葉は全て嘘。
ハナはウラタロスの嘘を責め立てると、その場にいた少年はその言葉に真実を語り始めた。
サッカーの地区予選でPKを外してその後補欠になったことが悔しかった。
イマジンとハナの語気に恐れをなした少年は真実を言えずにいた。
契約の完了したイマジンは少年にとりつき、試合当日にタイムスリップ。
さっそく電王一行が向かうが、その車内で再びモモタロスとウラタロスがけんか。
オーナーが仲裁にはいるが、問題はウラタロスがパスを持っているかどうか。
ウラタロスはパスは持っていなかったが、良太郎がウラタロスとパスを共用すれば問題はない。
さもなくばウラタロスは永遠に時間の中をさまよう事になる。
良太郎は少年に真実を話させるために嘘をついたので、いい奴だと解釈し、ウラタロスを受け入れた。
時空を移動し、イマジンと戦うことになった。
しかし、イマジンは水中戦が得意。
モモタロスは泳げないため、ウラタロスが代わることに。
ロッドフォームにチェンジ。
ボタンがあと二つあるからイマジンも二人はいるな。
ロッドフォームの電王はG3かガタックって言う感じ。
モモタロスも専用列車を持っていて、屋根からは亀の乗り物が登場。
ガンダムならドダイって所か。
ロッドフォームという名前だけあって、ロッドは釣り竿だった。
イマジン釣ってるし。
ライダーキックで仕留めると、イマジンは竜に変身。
ウラタロスの列車とデンライナーが連結すると、ウラタロスの列車からビームサーベル2本出てきて竜を切り刻んだ。
少年はその後練習をがんばってレギュラーをつかみ取ることにした。
デンライナーの中では再びウラタロスとモモタロスのいざこざ。
「亀鍋にして、その後雑炊だ」
「桃缶にしてやる」
と次元の低い口げんか。
ナオミの出したコーヒーで一時休戦となった。
[PR]
by sakagawa3 | 2007-03-04 12:26 | テレビ