カープガン( ゚д゚)ガレ     ↓の写真はσ(^^)じゃないので


by sakagawa3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【ドラマ】鉄板少女アカネ!! 第8話

さて、ビデオ見ながらレビュー書くか。。。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
画面真っ黒で音声のみ。
一応リアルで見ていたからある程度はわかるが。。。
さて、本題。
いよいよ料理対決。
心太の登場で動揺してしまうアカネ。




さらに、アカネが考えた料理方法で対決を挑んできた。
アカネの心の変化を感じた一鉄は本来の力を発揮しない。
まともに勝負をするとアカネの負けだったが、黒金がレシピをぱくったとクレームをつけたため、肉料理の再試合へ。
ただし、アカネが負けた場合、一鉄は心太のものになると言うのが条件。
心太の一件を聞いた店の常連は激怒。
忘れ物を取りに来た心太に詰め寄るが、アカネはかばおうとする。
しかし、心太に冷たい言葉を浴びることになる。
人に頼ってばかりいるからダメなんだと指摘をする。
料理人としての資格をも否定されたため、アカネは料理人としての自身を失う。
一鉄を捨ててしまうことに。
そのころ心太は究極の牛肉の焼きを研究していた。
料理を諦めたアカネは店を閉めて遊びに出かけることに。
このときのアカネはめっちゃかわいかった!
黒金がなぜかついて行って一緒に遊ぶことに。
ここでアカネのファッションショー。
萌え萌え光線発射しまくりだったのに画面が。。。
某所のキャプチャーで我慢。
遊び終わって店に帰ってきた二人。
そこには男の子が一人、店が開くのを待っていた。
以前お母さんと一緒に食べたアカネスペシャルを食べたかったのだが、親が連れてきてきてくれないから黙って来たと。
さらに、なけなしの貯めておいた貯金を持って。
素直においしそうに食べる少年の姿を見たアカネは心を入れ替えた。
今自分がすべきことは、自分の料理をおいしく食べてくれる人に、最高の料理を振る舞うこと。
そして、一鉄もあるし。。。と思った瞬間、一鉄を捨てたことを思い出した。
で、えらい遠くの住宅地のゴミ捨て場まで走る走る。
見つけたときは丁度廃品回収の人がトラックに一鉄を積み込むところ。
トラックは発車してしまうが、アカネが後を追って走る走る。
アカネどんだけ足早いねん!
業者の一人がアカネに気づいてくれたため、アカネは無事に一鉄を回収。
業者の人は重たそうにトラックに積み込んでいたのに、アカネは片手で軽々と一鉄を持って帰った。
怪力じゃのぉ
再対決の日、立会人として海原雄山じゃなくて嵐山蒼龍がやってきた。
心太は究極の焼き料理を出してきた。
それに対してアカネはなぜかハンバーグ。
料理で一番大事なのは、おいしい物を作るのではなく、食べる人が一番食べたいものを作ること。
審査員の父はまかないのアカネのハンバーグが大好物だった。
アカネは仕上げに一鉄を使った。
今までは一鉄にお願いしていたが、これからは「行くよ!」と声をかけた。
そして、アカネ風まかないハンバーグが完成。
嵐山蒼龍は料理を見ただけで、勝負が付いていると断言。
アカネの父への想いが入ったハンバーグが断然うまい。
一応試食した心太も涙を流した。
そして、負けを認めた。
さらに、今までのアカネへの態度は芝居だと言うことをばらした。
アカネを自立させるために。
アカネへのしうちを悔やみ、アカネの前から姿を消すと言う。
また、この案は嵐山蒼龍の仕業であったことも発覚。
嵐山蒼龍は何を考えているのだ?
アカネが詰め寄ると、この男に買ったら全てを話すと断言。
しかし、その男は黒金。
さらに腕に竜のやけどがあるのを見たアカネは2度びっくり。
やっぱり黒金がアカネの父なのか?
あれ?次回最終回?
最終対決までのカウントダウンもなくなったし、短縮なのか?
やっぱり数字取れないからか。
ちょっと学芸会ぽかったのがだめだったのか?
[PR]
by sakagawa3 | 2006-12-09 11:05 | テレビ