カープガン( ゚д゚)ガレ     ↓の写真はσ(^^)じゃないので


by sakagawa3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【ドラマ】純情きらり

宮崎あおいタンが主役と言うことで、珍しく毎日見てしまったNHKの朝の連続テレビ小説「純情きらり」
音楽を中心とし、最愛の未来の夫(達彦)が戦地で消息不明。
残された達彦の母の死を見届け、一旦は達彦の家業の味噌屋から身をひく。
母の一周忌に戦地から戻ってきたが、心に大きな痛手を負っていた。
またここでも音楽で達彦の心を開き、めでたく結婚。
子供ができたが、実は桜子(宮崎あおい)は結核にかかっており、子供を産むことは自分の死を意味すると言われる。
しかし、自分が生き延びるという可能性も低いと言うことから子供を産むことを決意。
子供(輝一)は無事に生まれたのだが、桜子の結核は病状が悪くなる一方。
子供に移るからと言って我が子も抱けない。




写真や8mmで間接的にでしか見ることはできない。
妊娠中に書き留めた曲は自分の死を覚悟した我が子への曲。
達彦は自らのピアノの演奏で、その曲を桜子に聴かせた。
実際に死んだ演出はないのだが、その後の言葉は我が子への音楽を大切にするようにと言うこのドラマのコンセプトがよく現れたもの。

視聴率的にも尻上がりに上昇し、最終回のはまだ出てないが、最近では25%ぐらいのなかなかいいもの。
やっぱり宮崎あおいタンの演技がいい。
最後の死ぬ間際の演技は本当に宮崎あおいが死んでしまうのではないかと思うぐらいに。
ぽっと出のタレントとは違います。
さすがにNHKもこれでいけると思ったのか、NHKの大河ドラマに抜擢。
いやぁ、よかった。
[PR]
by sakagawa3 | 2006-10-01 17:06 | テレビ