カープガン( ゚д゚)ガレ     ↓の写真はσ(^^)じゃないので


by sakagawa3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【ドラマ】ダンドリ。~Dance☆Drill~(Stage10)

さやかがユニフォームのデザインをしているが、今のところ予算がないため、ジャージで大会に出ることに。
18人にメンバが増えたこともあり、練習場が手狭になり、教頭と用務員のはからいで練習場が広くなった。
カルロス三郎太はブラジルにいる家族の生活が苦しいということで、卒業までは日本で暮らすことに。
そのため、引っ越しのバイトを始めた。
18人での練習が始まった。
かしこは昔バレェをしていたため、踊りはばっちり。
でも、ひらひらの衣装が嫌いでバレェを辞めたよう。
要は強引にかしこに弟子入りをする。




要の父は浦野から要と息子が今現在何をしているのか知っているのかと問われる。
そこで要がチアダンスをしていることを聞き、放送部が書いているホームページを覗き、要の勇士を見る。
深雪から父が家元を封印をすると聞いた石橋はチアのダンス場で踊りの練習をしていた。
父の前で踊りを見せるため。
かしこは家を継ぐのかと予想するが、一旦家に帰るだけと聞き、メンバは一安心。
さやかのデザインした衣装は高校OBの寄付により、作られることに。
みんな喜ぶが、かしこだけは後ろを向いていた。
ふりふり衣装着るのか?
しかし、そのOBとは要の父。
なじみの古座野と隠れてやりとりをしていた。
そうとは知らないため、鉄道研究会の先生2人も石橋に寸志を渡した。
要が一人練習していると、足をくじいてしまった。
病院に搬送され、入院することに。
そのため、実家に帰る予定をキャンセルすることに。
要の父は母を訪ねた。
明日街を出ると。
帰り際にさりげなく子供名義の貯金通帳を置いて帰った。
みんなが練習しているところに要が松葉杖をついて現れた。
石橋に予定をキャンセルさせてしまったことを謝るが、逆に今まで中途半端な気持ちであったことを改めさせてくれたことに感謝された。
そこに石橋の父とマコトが現れ、石橋は父の前で一曲踊ることに。
扇子がないため、チアのボンボンで。
一見不格好に見えるが、ボンボンの出す音で踊りにメリハリが。
途中から父も加わり、師匠と弟子の共演に。
踊りの後、今までのことを詫び、今は高校教師であることを申し出た。
父は全てを容認し、石橋に扇子を渡した。
そのあと、商店街の人ができあがったばかりの衣装を持って現れた。
さっそく衣装に着替えたが、古座野は浮かない顔。
とうとうこらえきれず、古座野は事情を話した。
仲間の薦めにより、要は街を離れる父に会いに行った。
カルロス三郎太の運転する自転車の荷台に要は乗ったが、道路交通法的にどうなのよ?
カルロスの背中に何か軟らかい物は感じられたのだろうか?(謎)
自転車で走る姿を見つけたタクシーの父はタクシーを止め、河原で要に会った。
父は本当のさつき魚の話をした。
さつき魚の全てが川を下り、生まれ変わるわけではない。
ほとんどの魚は川を下らず、生まれたままの姿で一生を過ごすと。
要は病院で改めて精密検査を受けた。
結果は靱帯にも傷があり、大会出場はできないというものだった。
さていよいよ最終回。
要の足も気になるが、かしこの踊る姿も何気に気になる(ぉ
[PR]
by sakagawa3 | 2006-09-18 11:35 | テレビ