カープガン( ゚д゚)ガレ     ↓の写真はσ(^^)じゃないので


by sakagawa3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【ヒーロー】ウルトラマンメビウス #22「日々の未来」

レッサーボガールについて考察するメンバ。
その一方でテッペイはバン・ヒロトのことを調査していた。
バン・ヒロトは火星生まれだった。
ミサキ総監代行と隊長、ミライはバンさんの家を訪問。
代行と隊長は挨拶をすませると帰って行ってしまった。
ミライはびっくり。




残されたミライは輸送船内で見つけたバン・ヒロトの懐中時計を父親であるバンさんに渡した。
父は輸送船の船長でもあったようだ。
輸送船での旅は荷物を運ぶだけではなく、母親の遺骨を地球に運び、埋葬することも兼ねていた。
どうやらお母さんは怪獣にやられてしまったようだ。
輸送船で地球に向かっていると、ウルトラゾーンが出現。
輸送船が引き込まれそうになったため、貨物部を切り離そうとしたが、故障で切り離せない。
そのときヒロトが貨物部に乗り移り、強制分離させることで父親ら、クルーは生き延びることができた。
貨物部がウルトラゾーンに吸い込まれる直前にメビウス登場。
なんとか助けようとしたのだが、一歩及ばず。
そのため、メビウスはヒロトの体を借りてバン父に会いに行ったのだが、一色には暮らせないと言ってサコミズ隊長に引き取ってもらった。
と言うことで、バン父、サコミズ隊長はミライがメビウスであることを知っていることで確定。
ミサキ代行もだろう。
ここ何かを感じたミライはバン家を飛び出した。
公園の一角にウルトラゾーンが発生し、レッサーボガールが3匹出現。
ミライがブレスレッドから飛び道具をだし、2体をやっつけた物の、1匹は取り逃がしてしまう。
その一匹は仲間を食べ、巨大化。
ミライはすかさずメビウスになろうとしたのだが、攻撃を受け気を失ってしまう。
隊長不在のGUYSが出動するために、補佐官のかけ声が期待されたが、巨大モニターにサコミズ隊長が映し出され、「サリー・ゴー」のかけ声。
補佐官・・・
レッサーボガールに攻撃を仕掛けるガンフェニックスだが、レッサーボガールの下に先頭機が捕まってしまう。
そのままウルトラゾーンに引き込まれる寸前にメビウスが登場。
ヒロトの時のような同じ悲しみを繰り返さないと言って、直前で先頭機を救出。
しかし、ウルトラゾーンから戻ってきたレッサーボガールにメビウスはピンチ。
隊長指揮の下、ガンフェニックスブースターになって、メビウスを助けた。
再びウルトラゾーンに戻ろうとしたレッサーボガールにとどめを刺して一件落着。
レッサーボガールが怪獣を呼び寄せていると思っているテッペイや補佐官は大喜び。
テッペイは同じく留守番役のコノミにどさくさに紛れて抱きつこうとしたが、あっけなく突き飛ばされてしまった。
(゚Д゚#)>テッペイ
でも、来週も怪獣出てくるのね。
出てこないとウルトラマンじゃなくなっちゃうし。
[PR]
by sakagawa3 | 2006-09-02 21:37 | テレビ