カープガン( ゚д゚)ガレ     ↓の写真はσ(^^)じゃないので


by sakagawa3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

【ドラマ】ダンドリ。~Dance☆Drill~(Stage7)

正式にMAYFISHとなったが、メンバが足りない。
校内に流すビデオでメンバ募集を呼びかけようとしたが、今は夏休みで見る人がいない。
9月の大会には間に合わない。
さらに事前審査用のビデオの提出を忘れており、あと1週間でデモ用の踊りを完成させないといけない。
要の発案により、要の神社を寝床に合宿を行い、そこでの成果をお披露目会として演じ、その様子をビデで取ることで、一石三鳥を狙った。
問題はケダマの母親。
ダンスのことは聞いていなかったので激怒。
父親がフォローに回ろうとしたが、気が小さくて何も言えず。




合宿当日は母親の同意を得ぬままにケダマは合宿に参加した。
練習をしつつ人集めをするわけにはいかないため、暇なかしこが候補としてあがった。
招待状は石橋が作ることに。
あとは曲とダンスの内容。
曲は決まったが、振りが。
するとケダマが今まで集めておいた振り付けメモを取り出した。
そこから振りを決めることに。
衣装もできたことだし、放送部の協力を得て、自分たちの振りのチェック。
が、あまりのひどさにみんな落胆
そこで再びケダマ登場。
盛りだくさんの技ではなく、技を絞って徹底的に技を磨く作戦を提案。
ケダマを筆頭に練習が始まった。
その一方で、大型スーパーの出店が決まった。
その交渉人が要の元父親。
町内会長の母親は複雑な気持ちに。
母親と決裂状態にあるケダマと母親との関係を修復するため、5人みんなで説得することにした。
しかし、交渉は決裂。
父親が代わりに理解を求めると言ったが、要が拒否。
自分で説得しないと意味がないと。
石橋は自分が家出をしたことを打ち明け、ケダマの母親は娘が大事だから、ダンスを隠していたことに対して怒っているのではないかと推測した。
そこで、ケダマはいまの母親に対する気持ちを一筆添えて母親に招待状を出した。
披露会当日、開場前に来たのはケダマの父親だけだった。
そのため、要は母親が来ないとケダマの気持ちが乗らないと言って開演時間をずらすことにした。
待ち飽きた人たちは帰り始めた。
駅前ダンサーズの人たちも。
さらに追い打ちをかけるように会場は雨。
そこにケダマの母親が現れた。
楽しそうに演技する姿を見た母親はすっかり理解を示していた。
本部に送るビデオができたので、神社でお払いを仕様としたところで、新メンバだと名乗る6人が。
放送部の二人、演劇部の二人、後二人は誰だっけ?
双葉が巫女の姿で要が懇願。

これでやっとメンバは11人。
残りは4,5回のはずだけど、そこまでにフルメンバそろうのか?
[PR]
by sakagawa3 | 2006-08-26 22:00 | テレビ