カープガン( ゚д゚)ガレ     ↓の写真はσ(^^)じゃないので


by sakagawa3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【ドラマ】富豪刑事デラックス(第7話)

三星シェフ塚原が失踪した。
凄腕シェフが失踪する理由の見あたらない美和子は腑に落ちない。
そんなとき、警察に殺人現場を見たという不倫カップルの女性がやってきた。
女性の証言から犯人が大河内というシェフに絞られた。
塚原の店の出店により大河内の格が下がったという裏もあり、さらには過去に不正もあった。
そのため大河内に事情聴取を試みるも、アリバイがあり逮捕できない。
またまた鎌倉警部ピンチ。
で、いつもの「ちょっとよろしいでしょうか?」。




美和子の提案は大河内の店の近くに最高の店を出してみて、大河内の動きをWatchするというもの。
当然上層部は大歓迎。
美和子が再び責任者となるため、じぃに相談。
シェフは以前美和子の家で働いていた久留米をアサインしたのだが、その活躍を紹介する雑誌の1ページにさりげなく原作者の筒井氏の写真が。。。
久留米は皿洗いレベルにまで三星レストランのシェフを引き抜いてきた。
ちょwwwww
国際問題かよ!
美和子は塚原の店を買い取って店をオープン。
オープンしたてで客は来ないが、鎌倉警部と二人の婦警は潜入捜査。
が、鎌倉警部は大河内に声をかけられると、「通りすがりの食いしん坊」と。
ヾ(@^▽^@)ノわはは
大河内の店に臨時でVIPの客が入ると、予約客が閉め出された。
そのため、仕方なく美和子の店に。
最高級の料理でもてなされたが、実はこの二人覆面捜査官だった。
そのため、大河内の店は叩かれ、美和子の店が大繁盛。
海外の超VIPセレブ「ヨルトン姉妹(笑)」も是非行ってみたいと絶賛。
閑古鳥の鳴いた大河内は嫌がらせのために国内のトリュフを買い占めた。
しかし、そこは富豪の美和子。
じぃに頼んで世界中の三大珍味を買い占め、国際問題に。(笑)
金使いすぎ!
大河内はぐうの音も出ない。
美和子の店に本を書いた評論家がやってきた。
スープを出したのだが、久留米にしごかれた刑事が腹いせにいたずらをした物。
しかし、評論家はそのスープを絶賛。
美和子は不審に思う。
再び大河内の店に潜入したさすらいの食いしん坊たち。
大河内に嫌がらせを受け、美和子の店がもうじきつぶれると言われた。
美和子がねらわれていると言うことで警備体制を敷くが、美和子ではなく、評論家が殺された。
犯人は大河内に絞られているが、決め手がない。
評論家は味覚が狂っていたことを美和子は見抜いた。
そのため、アリバイ時に出された大河内の料理はレトルトであると推理。
評論家は大河内のアリバイのために利用されたのだ。
そこで、美和子は料理の対決番組で大河内と対決することに。
って、完全に料理の鉄人のぱくり。
司会はアリキリの石井だけど。
でも、審査員はソムリエの田崎真也。
田崎さんはワインばかり飲んでるし。
判定は同点になり、美和子の提案で次の日に再戦することに。
美和子は塚原が残したレシピノートをわざと会場に置いておいた。
それを見た大河内は別荘から塚原のレシピを取り出した。。
ノートにはレシピがカツラの中にあると書かれていた。
そのレシピにより対決は大河内が勝った。
が、審査員の田崎さんは完全に酔っぱらっていた。(笑)
美和子が大河内の味を調べると塚原と同じ味がした。
しかし、愛が足りないと。
事件は解決したが、店は大繁盛。
1年先まで予約がいっぱいで、ヨーロッパの王族が訪れる予定も。
よって、金を浪費するどころか儲かってしょうがない状態に。
美和子は「じぃ不幸者」と言われる始末。
[PR]
by sakagawa3 | 2006-06-04 12:05 | テレビ