カープガン( ゚д゚)ガレ     ↓の写真はσ(^^)じゃないので


by sakagawa3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【ドラマ】富豪刑事デラックス(第6話)

レストランのオーナー宮原が山で転落死。
その後は黒崎に託されていた。
神戸邸では朝の出勤時間。
美和子がじぃに挨拶をしているが、そこに書かれていたDirection。
母屋まで35キロ、別邸参?棟まで55キロ。
いったいどんな広さやねん!
じぃからどんな仕事をしているのかと聞かれ、資料保管庫の掃除と答えると、じぃは人を派遣すると。
しかし美和子は一般庶民の気持ちを知りたいからと言って断る。
なんてタカビーなんだ。




焼畑署に元オーナーのいとこの女性がやってきて、黒崎に殺されたと相談に来た。
聞き込みをした結果でも黒崎は従業員をいたぶるだけで、店のためになっていないようだ。
また、転落を見たものはおらず、黒崎も別の人と近くにいたことが証言されている。
美和子は掃除の途中で、ある事件ファイルを発見した。
それは黒崎が以前同じようにオーナーの事故死で上に上り詰めたことが書かれていた。
そのため、鎌倉警部が黒崎に問い詰めに言ったが、逆に黒崎と弁護士が反論の記者会見を開いたため、上層部からクレーム。
捜査の結果では決定的な証拠が見つからなかったため、逮捕に至れない。
鎌倉警部ピーンチ。
そこで美和子の「ちょっとよろしいでしょうか?」がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
黒崎の店を乗っ取って黒崎がどうはい上がるかが逮捕の決め手になると言うことで。
松枝の発案により、ウェディングプランナーの会社が黒崎のレストランを乗っ取るという作戦に出た。
一度は断られてしまうものの、強引に買収した。
美和子が社長になり、黒崎の補佐が副社長に、黒崎はぺーぺーに格下げ。
皿洗いから始まったが、当然いままでいびられていた社員からぎゃくにいびり倒された。
美和子の会社に川崎麻世と佐藤康恵がやってきた。
二人の依頼は豪華な結婚式。
深海2500mでの結婚式や宇宙ステーションでの結婚式を提案した。
しかし、川崎麻世に別に好きな人ができてしまったため、結婚式は白紙に。
その好きな人というのが美和子。
美和子は当然断る。
我慢の限界が来た黒崎は顧問弁護士に美和子の殺害を依頼。
弁護士は美和子に接触してきた。
弁護士は会社の危機の時に備えて遺言書を残すように言われた。
そこには信頼できる者の名前と、嫌いな者の名前を書くように指示された。
婦警コンビが駐禁チェックをしているとその車は弁護士の物で、二人は弁護士に拉致された。
美和子は鎌倉警部に事情を報告すると署に戻るように指示された。
すると会社を出たところで謎の男が美和子を襲った。
その時刻付近には捕らわれた婦警が黒崎の姿をいていたため、黒崎にアリバイがある。
拉致監禁の容疑はあるけどね。
さらに、美和子が書かされた3枚の遺言書は真ん中の2枚目を取り除くと店の後継は黒崎に任せるように仕組まれていた。
レストランのオーナーが殺された時の遺言書の仕掛けも同じ手口と推理。
婦警が捕らわれていた部屋を捜索すると、腑に落ちない点があった。
調べたところ同じ部屋が現場近くにあった。
婦警が寝ている間に美和子を襲って部屋を移動させたようだ。
川崎麻世からの求婚をおとりに黒崎に現場の指揮を取らせる。
黒崎が新郎役でイベントのリハーサル。
花嫁役は美和子が襲われたときに謎の男とぶつかった女性。
黒崎はその女性の顔を見ていたため、現場から逃走しようとした。
これが逮捕のきっかけとなった。
当て馬となった川崎麻世はがっかり
[PR]
by sakagawa3 | 2006-05-27 23:59 | テレビ