カープガン( ゚д゚)ガレ     ↓の写真はσ(^^)じゃないので


by sakagawa3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

【ドラマ】野ブタ。をプロデュース(第9話)

修二は野ブタ。と彰に母に送ってもらった親友の印のブタの人形を渡した。
その後教室に戻った修二だが、クラスのみんなからは相変らずシカトされ続けていた。
カスミは野ブタ。の人形に興味を示していたが、修二はそれに対して何も言えず。
家に帰るとカスミが料理を作っていた。
父はお礼にブタの人形を渡してしまう。
弟が料理に手をつけようとするが、修二が阻止。
何が入っているかわからないので、カスミが帰ると料理をゴミ箱へ。




カスミはプロデュースチームに入る事を希望した。
カスミから渡された封筒には今までの写真が入っていた。
それを彰に見せつつ、今までの経緯を話した。
カスミはチームに入れないといぢめの事実を公表するといったため、修二は条件を飲むしかなかった。
4人での野ブタ。の決めポーズ検討会。
修二と彰が案を出すも、カスミがダメだし。
その帰り、カスミは野ブタ。にスカートの丈を短くし、髪を結ぶようにアドバイス。
次の日、言われたとおりに変身してきた。
おぉ、なかなかいいよ。
次に、おどおどしたしゃべりを治すようにアドバイスするも、昼の中継では受けがいまいち。
キャラが薄くなってしまった。
野ブタ。本人も元に戻りたいと。
カスミと修二の間でプロデュースのやり方で温度差が出てしまう。
再び彰の下駄箱に写真を入れたカスミだが、彰には軽くあしらわれてしまった。
教室に残されていたカスミの筆入れを見つけた野ブタ。
そこにいままでのいたずらに使われていたペンキが付着しているのを発見してしまった。
取りにきたカスミにおじいさんの件を尋ねると嘘と自白。
今までの件も犯人であると自白したため、野ブタ。は泣き出してしまった。
そこにまり子がやってきた。
何とかカスミを追い出し、屋上で野ブタ。を慰めた。
親友として嘘をつかれていた野ブタ。だが、まり子も修二に恋人として嘘をつかれていたため、同じ境遇だった。
親友に裏切られた野ブタ。は次の日学校を休んだ。
そのため、昼の突撃レポートはカスミが。
様子を見にきたまり子は修二と彰に昨日の出来事を伝えた。
まり子は本当の事を受け入れるのは辛いことだけど出来ないことではないと修二に。
修二は複雑な気分。
野ブタの家を訪れた修二と彰だが、結局顔を見ることは出来なかった。
その次の日も野ブタは学校に来なかった。
カスミのレポートは相変らず不評。
それを見た修二は野ブタ。を学校に来させるため、クラスのみんなにメッセージビデオを作成する事を依頼するが、反応がいまいち。
いまだに修二の言葉が伝わっていないのかと危惧をするも、みんなには伝わっていた。
みんなが野ブタを必要としていると言うメッセージビデオを見た野ブタ。は次の日学校にやってきた。
笑顔で出迎えたみんなの中にカスミの姿も。
3人はまた何かしでかすのではないのかと心配になる。
彰の部屋で寝てしまった3人。
野ブタ。が目を覚ますと机の上に学校の屋上に来るようにと言うカスミからのメッセージが。
屋上に行くと、「許してくれないと飛び降りる」とカスミが言う。
しかし、野ブタ。は許さなかった。
後から二人もやってきた。
結局許さなかった野ブタ。
カスミは「嫌な想い出でもいいから、私がいた事を覚えていて欲しい」と言って屋上から飛び降りた。
スカートがひらひらしてパンツ見えそうですよ!
飛び降りた瞬間、3人が目を覚ました。
夢だったが、3人同じ夢を見ていた。
学校に行くと、カスミも同じ夢を見ていた。
現場に行くと、飛び降りるための椅子が置いてあり、地面にはカスミの形で草が倒れていた。
なんだかつじつまが合わないなぁ。
結局カスミは3人の元を離れた。
修二はクラスのみんなからの信頼を得られるようになっていた。
今回のテーマは孤独になってしまった時にまた元に場所に戻るには人との繋がりが大事と言うこと。
しかし、修二の父の転勤が決まった。
修二のプロデュース作戦はどうなる?
[PR]
by sakagawa3 | 2005-12-14 21:08 | テレビ