カープガン( ゚д゚)ガレ     ↓の写真はσ(^^)じゃないので


by sakagawa3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

【ドラマ】危険なアネキ(第8話)

寛子はアパートの前で宮崎から取り寄せた芋を育てようとする。
前回雑誌に出稿した広告が大反響。
街角での試飲会では間宮(天海祐希)弁護士がうまい!と絶賛。
アパートにはファンと言う人たちからひっきりなしの電話。
そんなとき、母親の知り合いと言う人から電話。
死んだはずの母親が生きていると言うのだ。




さらに輪をかけるように、キャバクラに自分が母親だと言うおばちゃんが殺到。
娘と名乗りだすことにより、有名になりたいと言う魂胆がみえみえ。
まあ、結果的に全員嘘つきだったのだが。
店を出ると、電話の主が現れた。
その人の紹介で教会に出かけていった。
そこでゴスペル隊の一員の母(萬田久子)を見つけ、声をかけたが、母は逃げてしまう。
後を追い、好物のチキン南蛮を渡し、一緒に暮らそうと言う。
そして、アパートに連れてきて、勇太郎に会わす。
しかし、勇太郎は引きこもってしまう。
借金があることはTVで見て母は知っていた。
そのため、母と一緒に昼のバイト(銭湯の掃除)に精を出す。
続いて母を連れて病院に行き、患者や、先生に母を紹介する。
奈々タンは母が生きていてよかったと言うが、勇太郎はよくないと答える。
奈々タン心配。
寛子の店では母もキャストとして登場。
が、店員に控え室に強制連行。
控え室で北村に挨拶をし、合わせる顔がないと言うが、逆に北村はずっと待っていたと。
次の日、幼稚園で餅付きのお手伝い。
そこには借金取りもいたが、寛子は母に友達として紹介。
園児の一人が母のトン汁を食べたいと駄々をこねるが、ずっと待っていると母に会えたと園児を諭す寛子。
餅つきが終了すると、寛子は影で2回分の借金を返した。
しかし、寛子に惚れている若造が、親孝行をするようにと1回分を返してしまう。
その金で一家で温泉旅行を企画しようとした寛子だが、勇太郎はみながわ復興が第一だと賛成しない。
今まで散々苦労してきたのにひょっこり現れ、母親面するのが許せないようだ。
そのやり取りを聞いた母親は次の日いなくなっていた。
必死に探そうとする寛子だが、勇太郎は探す気がない。
政伸は勇太郎に餅つきの時に母親から聞いた言葉を伝えた。
小さい頃は手がかかる子だったが、勉強をして立派になった息子が自慢らしい。
二人とも自分の宝だと。
寛子は公園で炊き出しをしていた母を見つけた。
自分はいないほうがいいという母に、二人を生んでくれてありがとうと言う寛子。
「自分を裏切った事を受け入れるのは難しい。
さらにその人をもう一度信じるのはもっと難しい。
今は過去があってからこそ。
辛い過去は人をやさしくする。」
と、医院長は勇太郎に言い聞かせた。
アパートに寛子が母を連れて帰ると、勇太郎は「おかえりなさい」と。
勇太郎のベッドで3人川の字で寝ることに。
無理があるよ!
病院では奈々タンがいろいろな過去があって、がんばっている勇太郎がスキと言う。
惚れこんだ?
勇太郎テラウラヤマシス
勇太郎の研修医は北村太一という少年がさおりの息子である事を知ってしまう。
さらに、元夫が太一を見つけてしまう。
さらにさらに、母親は借金一回分の30万円を持っていなくなってしまった。
Edの歌の後にこの展開とは。
またまた一波乱か?
[PR]
by sakagawa3 | 2005-12-06 23:26 | テレビ